FC2ブログ

木とり舎

夏のお土産

星の砂

お客様にお土産を頂きました。

35年前の沖縄・鳩間島の海岸ですくった星の砂です。
木製のゴーグルと珊瑚の欠片も頂ました。

当時のヒッピーブームで、鳩間島に移住した知人のつてを頼り遊びに行ったそうです。
まだ開発されていない鳩間島は、それはそれは美しく、僅かしかないビーチ一面の星砂に感激して、サビサビの粉ミルク缶でザクッとすくった、そのままを持ち帰ったのだそうです。
東京に帰って来て、お土産として何人かの方にプレゼントした残りが、この写真に写っている星砂です。

何処にも遊びに行けない夏でしたが、このビンの中には、当時の空気がびっしりと漂い詰っていて、まるでタイムマシーンにでも乗って、35年前の鳩間島に行ってきたような錯覚にとらわれます。

小さなカニの爪や、貝の欠片や、サンゴがびっしりと詰っているのに、人工物は何一つとして入っていません。
取り分けたのでも何でもなく、当時の海岸そのままが、このビンの中に入っているのです。

木製のゴーグルは、自分の顔の形に削って使うのだと教えられたそうです。
もちろん、手作りの刃物の跡がバッチリと残っており、これにも大感激です。

本当にありがとうございました。

この気持ちを大切に、次の世代に伝えようと思います。

スポンサーサイト



PageTop