木とり舎

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

木工旋盤

木工旋盤

機械屋さんに木工旋盤のベアリングを交換してもらいました。

使い始めて10年経つ木工旋盤です。どのタイミングでベアリングを交換するのが妥当か分からないのですが、大事になる前に交換しようと決めました。

主軸は、ほぼ新品時の様な回転音に戻り、一安心です!

スポンサーサイト

PageTop

バンドソー

ベルト

バンドソーの不具合箇所が判明してから数週間が経ちました。

不具合点の一つは、無断変速のプーリーの止めネジ(イモネジ)が緩みプーリーが動いてしまう事で、もう一つは、純正のベルトが簡単に入手出来ない事です。

以前ブログに書いたように、修理完了と思われたのですが、再び異音が聞こえ始めたのです。
異音の発生源は一目瞭然で、問題点の一つのベルトでした。ベルトを手に取って見ると捻れを伴う片減りが激しく見られます。このベルトは純正部品ではなく、以前交換したオリジナルに近い形のタイミングベルトでした。国産の高価なベルトですが、これでは仕方有りません。

そして今回用意したのは、普通のVベルトです。
付け替えると、回り始めにスリップ音が聞こえるものの、その後はスムーズに動いているようです。

これでしばらく様子を見てみます。

PageTop

バンドソー

バンドソー

バンドソーが復活しました!!

プーリー位置の微調整と、プーリー可動部分に油を差しただけで、異音と振動が軽減したのです。
たったこれだけの事を理解するのに、何ヵ月もかかってしまいました(笑)
後は、オリジナルのベルト入手が難しいので、ベルトを削って調整すれば、さらに良くなるかも知れません。

何となくですが、これでよしとします!!



PageTop

バンドソー

バンドソー

バンドソーの整備です。

どうしても製作時間を優先させてしまって、掃除や機械整備をサボってしまいます。
そして、調子の悪いバンドソーは、ずっと異音が出たまま。。。
素人判断ですが、どうやらプーリーに不具合の原因が有るのではと見立て、ネットで探した近場の機械屋さんに、無断変速プーリーを普通のVベルトのプーリーに交換出来ないか相談して見ました。
(このバンドソーは珍しく無断変速搭載なのです。)
機械屋さんが直ぐに来てくれたものの、結果、新しくバンドソーを入手した方が良いとの判断で、プーリーを交換しても、異音は違う所から発生しているのかも知れないとの事でした。

バンドソーは「木とり舎」の商品製作には不可欠な機械です。
何とかする他ありません。

じっと考察して治す方法を探りたいと思います。




PageTop

木工旋盤

主軸

木工旋盤の主軸に僅かなガタツキがあり、分解作業です。

原因の一端はベアリングにある事まではわかりました。この木工旋盤を使い始めて10年目。。。 この旋盤から始まった木とり舎です。
主軸の異変には気がついていたものの、時間がある時にと放って置いたのでした。


残念ながら自分のスキルで出来るのはここまで。
後は機械修理のプロにまかすよりありません。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。